ホーム > お客様の声 > 愛知県 ヒコサカ様

お客様の声

  • 愛知県
  • ヒコサカ 様
  1. 年 齢
  2. 30代
  3. ご家族
  4. 4人 (夫婦、5歳、3歳)

  5. 購入車種
  6. オーロラ・スタークルーズ

寝袋もスタンバイされていて、いかにも車中泊専用という感じですが…

「まず、自分が寝たいときにサッと寝られる、というスタイルをここで実現しているんです。だから、ずっとベッド展開したままで走行しています。子どもといっしょにいるときは、寝袋をふたつ並べて寝たり、2段ベッド仕様ですから、子どもを2段ベッドに寝かせたり、と自由自在です」

ずっとこのスタイルがお好みなんですか?

「この車の前に乗っていたアルファードのときから、後部を2段ベッド式にして休んでいましたが、もっと言えば、かつて乗っていたランドクルーザーでもベッド仕様にして日本じゅうを走破していましたよ」

もはや車中泊のベテランですね!?

「とにかく、車での寝泊まりをしながら旅をするのが好きですし、スキーやボード遊びに行く場合も、車とは2名で乗って車中泊して使い倒すものだと思っていましたからねぇ(笑)結婚して7年(2012年11月時点)になりますが、その前から、嫁さんとはロングドライブをよくしてました。ランクル80で九州に行ったときのこと、初日の車中泊は甲子園だったですかね、彼女は当初車の中で寝るという考え方は全くなかったのですが、意外にも寝られたので、その後4泊5日、ずっと車中泊で通してしまってね。それからですね、嫁さんも車中泊に全く抵抗がなくなって、長距離ドライブにバンバン出かけるようになったのは(笑)」

では、HIACEの車中泊仕様に乗り換えられた理由は何だったのですか?

「2012年6月に購入したのですが、そろそろ子どもも大きくなってきて、九州などへ1回ロングドライブへ出かけたら6泊7日なんて当たり前なので、宿泊代もバカにならなくなってきたんですよ。家族を連れて年間20泊~30泊はしますから、そうなると宿泊関係だけで40~50万円はあっという間に消費するんです。それなら…と、機動性を保ちながらも室内の広い車中泊カーということでHIACEを選んだんです。このペースで5年使うと200~250万円は浮くんです。どう考えたって、車中泊カーを買った方がお得でしょ(笑)」

なるほど、ヘビーユーザーになればなるほどお買い得だと…

「なにしろ、1回の旅行で2,000㎞~3,000㎞は軽く走破しますからね、その間に、子どもも飽きさせないようにするには、ある程度の広さの居住空間は必要です。もちろん、自分たちの好みもだんだんはっきりしてきますから、あそこへ行きたい、ここへ行きたいとなってきますが、そんな希望も満たしてやりながら、日本じゅうのさまざまな風物にふれさせてやるには、これほど有効な乗り物はないですよ。なによりも、嫁さん自身、かつては日本の国内旅行なんか…と思っていたのに、逆に、日本のあちらこちらを巡るうちに、近場にも魅力的な風土や景観があるんだなぁって見直せるようになったようですよ。2番目の子どもが生まれたとき、もう子育てにも慣れているので、生後8ヶ月くらいから、いっしょに車に乗せて車中泊するようになりましたからね」

では、数あるキャンピングカー・ビルダーのなかからKworksを選ばれたのはなぜですか?

「見た目もよかったし、Kworksがわたしたちの家の近所だったので、メンテナンスしてもらいやすいだろうなって考えたんです。ところが、それ以上に、嫁さんが、これいいねって…(笑)。アレッ!?本当にいいの?…と逆に男のわたしの方が拍子抜けしてしまったくらい、嫁さんの反応がよかったんですよね。そうなったら、もう、即決でしょう(笑)」

ベテランから車中泊カーの魅力を改めて聞かせてください。

「仕事では使いません。週末や休日の使用に限定しています。嫁さんも自宅では軽自動車を仕事に使っています。ですから、車中泊カーには燃費がどうのこうのという条件は不要なんです。この車に乗って、日常とは違う体験ができるんですから、うるさいことを問いたくないんです。隣の三重県に遊びに行く場合も、いくら近くても渋滞は嫌だから、必ず前入りで行くんです。前泊しておけば、朝、起きた瞬間から旅気分じゃないですか? 寝坊したって旅気分。もう一日じゅう目いっぱい楽しめますよね。最近では温泉本ばかり見ていますよ。次はどの温泉へ行こうかなぁ~って。キャンピングカーで湯めぐりなんて最高ですよね」


もともとクルマ旅が大好きだったご主人の影響で、ご家族みんな車中泊が大好きになられたようですが、車中泊旅行を通じて日本の魅力を再発見する…という学びの旅は、家族旅行の楽しさとあいまって、ご一家に歴史や社会体験の場を提供してくれているようですね。

ページトップへ