ホーム > キャンピングカー > オーロラ・スタークルーズ・DKワゴンカスタム
Graceの上質感はそのままに、リーズナブルなエントリープライス 必要な装備のみを選べるカスタマイズモデル
オーロラ・スタークルーズ DKワゴンカスタム
ベース車両ハイエースワゴンGL
特色・用途キャンパー装備よりも車中泊でゆったり広々とした空間が欲しい方
乗車定員10人(前向き乗車5人・横掛け乗車5人)
就寝定員2~6人※2段ベッド・ポップアップルーフ使用時6人
寸 法 (mm)全長4840×全幅1880×全高2105(ワイドミドル)
登録ナンバー3ナンバー
エンジン・駆動2700ガソリン(2WD、4WD)
A  T6速AT(ガソリン)4速AT(ディーゼル)
day night

customize menu

インテリアカスタマイズ
シートカスタマイズ
ソーラーパネルカスタマイズ
ペットユーザーカスタマイズ
ポップアップルーフカスタマイズ
足回り装備カスタマイズ

ASC DK-G Overview

オーロラ・スタークルーズ DKワゴンカスタムの特色

オーロラ・スタークルーズ DKワゴンカスタムの特色
Overview①
車中泊旅行者向けにつくられたツーリストワゴン・DKシリーズのリッチなテイストはそのままに
必要な装備だけをシンプルにつめこんだDKワゴンカスタム

ケイワークスが本格的な車中泊旅行者向けツーリストワゴンとしてデザイン・設計したのがDKシリーズです。その中でもDKワゴンカスタムは、DKシリーズ本来のゴージャスな質感はそのままに、車中泊という部分にスポットをあてて、そのために必要な装備だけを標準装備させた、シンプル装備のカスタム要素の強いキャンピングカーです。

DKワゴングレイスからシンク部やトイレ収納部もレスして、両側背もたれ部の薄い家具だけをのこし、居室内のほとんどが就寝空間になるレイアウトです。シート生地・家具の木目などにはDKワゴン グレイスと同じ国内最高級資材を使い、ファミリーでの車中泊旅行にピッタリな「大人2人・子ども3人」の就寝が可能な広々空間を実現しました。

高級モデルなのにグレイスよりも約40万円のプライスダウンで手に入るお手頃なモデルです。

セカンドシートを立てたままリヤベッドボード(オプション)を追加したDKカスタムの広びろ就寝空間
Overview②
カスタマイズでお客様のニーズに合わせた装備の組み合わせが魅力

なんでもついている最上級モデルのグレイスに比べ、標準装備もシンプルなDKカスタムは、その名の通り、お客様の必要に合わせて、カスタマイズ(装備の追加)ができるところが魅力です。

用途に合わせてギャレー(リアシャワー付き)、トイレ収納、冷蔵庫スペース、フルフラット展開用のリアベッドボードなどを選択できるので、無駄なコストをかけずに、必要な装備だけをオプションで追加できます。

脱着式ギャレー(オプション)リヤベッドボード(オプション)
トイレ収納(オプション)リヤ中断棚(オプション)
資料請求・お問い合わせはこちらから
カタログ請求・お問い合わせ

キャンピング装備

icon
電源系設置図▶▶▶

右の図は電源系の設置図です。ご参照ください。

※クリックすると大きく表示されます。パソコンなどに保存、プリントアウトし、お客様のキャンピングカーのカスタマイズ設計図としてもお役立てください。

電源系設置図
サブバッテリー
サブバッテリー

サブバッテリーは標準で走行中に自動制御で充電する走行充電システムとともに115Ahのディープサイクルバッテリーを搭載。冷蔵庫の使用や、100Vのドライヤー、湯沸かしケトル、電子レンジなど800W以上の電力を使う場合は、オプションで1500Wタイプの12Vから100Vへの変圧をするインバーターとツインバッテリーを右側家具の収納部へ設置することができます。

電装品は、セカンドシートの座を外すだけで、メンテナンスができます。車内で過ごす時間が多くなる車中泊の場合でも、いろいろな家電製品を余裕をもって使える電力キャパシティを持たせました。センターテーブルも電装品の上に収納されます。

センターテーブル

脱着可能なセンターテーブルを標準装備。天板には、キズに強い高圧メラミン材を使用しています。

ご要望に応じて、オプションでテーブルにカップホルダーを2~4つ取り付けることが可能です。

センターテーブル
セカンドテーブル
セカンドテーブル(オプション)

オプションで、セカンドテーブルを追加できます。右側トリムにスライダーを施工し、セカンドシートを前向き、後ろ向き(ラウンジ)のどちらでも使用できるので、ちょっとした時に大変便利です。

脱着式ギャレー(オプション)

ラゲッジスペース面積を広く確保するために、ギャレー自体を目一杯薄くしたナロータイプギャレーをギャレーです。洗顔ができるサイズのシンクと、外部シャワー機能が一体になった画期的なギャレーです。このギャレーをセットすることで、釣り、サーフィン他アウトドアにも対応し、用途が広がります。

必要な時に装着できる脱着式ギャレーになります。

脱着式ギャレー(オプション)

ベッド展開とシート

icon
覚えておくと便利なケイワークスの取り扱いシートガイダンス

セカンドシート

ケイワークスのセカンドシート

ケイワークスのキャンピング車両に使用しているセカンドシートには大きく分けて2つのモデルがあります。
REVOシートとi-seat REVOです。

厳密にはどちらもREVOシリーズのシートなのですが、わかりやすく解説するために「REVOシート」「i-シート」と便宜上呼ばせていただきます。

セカンドシートの場合、簡単にいうと、バンタイプ車両(ハイエースS-GL/レジアスエース)がベース車両の場合は「REVOシート」、ワゴンタイプ車両(ハイエースワゴンGL)がベース車両の場合は「i-シート」を装備しています。
※クラシックバン、トランスポーター、トランスポータースポーツに限っては、セカンドシートに跳ね上げ式の純正シート(シート生地張り替え)を標準装備しています。

同じREVOシリーズなのに2モデルに分かれているのは、道交法によるバンタイプとワゴンタイプの3点シートベルトの装着方法の違いが大きな要因です。バンタイプは両サイド乗車の2人が3点式シートベルト、真ん中乗車の1人が2点式シートベルトになります。一方、ワゴンタイプは乗車する3人とも3点式シートベルトになります。3点式シートベルトは乗車している人の肩より高い位置から、装着させる必要があるため、i-シートはREVOシートに比べ背面の高さが高い設計になっています。そのために、シートの展開機構も違ってきますが、ここでは道交法に関する詳細説明は省かせていただきますので、

バン=REVOシート、ワゴン=i-シート

…と、まずはなんとなく頭に入れておいてください。

バンタイプ ワゴンタイプ

展開機構の種類

バンタイプ

REVOシートの展開機構と種類

REVOシートの展開機構はシンプルです。走行方向に向いている状態から、座面を立て、ヘッドレスト(前後付け替え可)を外した背面を下ろすだけで後方向きのシートレイアウトの完成です。また、その状態から背面を倒せば、フラットになります。

REVOシートの種類は主にFW型、FWS型、ST型、の3種類です。簡単に特徴をまとめると、FW型はベース(土台)が固定されているシートになります。シートのベースは固定してありますが、ベースの上で25cmスライドします。FWS型は、シート展開の機構はFW型と同じですが、ベースごとスライドレール機構でスライドするタイプなので、FW型よりさらに1m前後スライドします。最後のST型はいわゆるバタフライタイプのシート展開機構を持ったシートです。ST型もFWS型と同様に、ベースごとスライドレール機構でスライドさせることができ、なおかつ、より薄くたためるので、後方スペースが一番広くとることが可能です。

FW型=通常シート展開/ベース固定
FWS型=通常シート展開/ベースごとスライド
ST型=バタフライ式展開/ベースごとスライド

…と覚えてください。

REVOシート

ワゴンタイプ

i-シートの展開機構と種類

i-シートの展開機構もREVOシートと同様の展開にひと手間加わるだけなので非常に簡単です。走行方向に向いている状態から、座面を立て、背面を180度反時計回り(助手席側から見て)に回転させます。ヘッドレスト(前後付け替え可)を取り外せば、あとはREVOシートと同じです。背面を下ろすだけで後方向きのシートレイアウトの完成です。また、その状態から背面を倒せば、フラットになります。

i-シートの種類は主にS型、C型、B型、の3種類です。簡単に特徴をまとめると、S型はベース(土台)が固定されているシートになります。シートのベースは固定してありますが、ベースの上で25cmスライドします。C型はシート展開の機構はS型と同じですが、ベースごとスライドレール機構でスライドするタイプなので、S型よりさらに1m前後スライドします。最後のB型はいわゆるバタフライタイプのシート展開機構を持ったシートです。B型もC型と同様に同様に、ベースごとスライドレール機構でスライドさせることができ、なおかつ、より薄くたためるので、後方スペースが一番広くとることが可能です。

S型=回転式シート展開/ベース固定
C型=回転式シート展開/ベースごとスライド
B型=バタフライ式展開/ベースごとスライド

…と覚えてください。

アイシート

シート形状の種類

成形型とフラット型の違い

ここまでの解説で、シートの展開機構の違いが頭の中に入っていれば、最後にシートの形状の違い、成形型とフラット型の違いを知るだけで完璧です。

シート形状には成形型とフラット型があり、成形型とは人間の身体にあわせて、シートに凹凸ができているタイプ。逆にフラット型とは、凹凸のない平面で構成されたタイプになります。

どのシート展開機構でも、シート形状は常にこの成形型、フラット型の2つしかありません。つまり…

バンタイプ車両(ハイエースS−GL/レジアスエース)
セカンドシート

FW型=通常シート展開/ベース固定
(成形orフラット)

FWS型=通常シート展開/ベースごとスライド
(成形orフラット)

ST型=バタフライ式展開/ベースごとスライド
(成形orフラット)

ワゴンタイプ車両(ハイエースワゴンGL)
セカンドシート

S型=回転式シート展開/ベース固定
(成形orフラット)

C型=回転式シート展開/ベースごとスライド
(成形orフラット)

B型=バタフライ式展開/ベースごとスライド
(成形orフラット)

…と、セカンドシートの種類は各車両タイプで、基本的には6パターンずつしかありません。標準装備・オプション・価格表などでアルファベッドが並ぶと難しそうに見えますが、これだけなので、是非ご参考にしてください。

シート形状の種類

まとめ

表記の見方

ここまでくれば、もう大丈夫です。ケイワークスの標準装備や価格表、オプションなどで下記のような表記を目にしても内容を十分に把握できます。また、基本的に標準セカンドシートに設定されているのはREVOシートはFW型、i-シートはS型になります。その他はオプション仕様になるので、それを頭に置いていただけると、さらにご理解しやすいかと思います。

標準装備 セカンドシート REVO 1400 FW型 成形

=バンタイプの車両で、標準装備のセカンドシートに幅1400mmのベース固定通常展開タイプ・成形形状のREVOシートが装備されている。

標準装備 セカンドシートREVO1400 i-seatS型 フラット

=ワゴンタイプの車両で、標準装備のセカンドシートに幅1400mmのベース固定回転式展開タイプ・フラット形状のi-シートが装備されている。

標準装備 セカンドシートREVO1400(ワゴンGL:i-seatS型フラット/S-GL:FW型成形)

=ベース車両はワゴン・バンの両タイプがあり、標準装備のセカンドシートに、ワゴンベースは幅1400mmベース固定回転式展開タイプ・フラット形状のi-シート、バンベースは幅1400mmベース固定通常展開タイプ・成形形状のREVOシートを装備している。

オプション セカンドシート REVO 1400 ST型 成形

=バンベースの車両で、オプションでセカンドシートを幅1400mmのバタフライ展開タイプ(スライド機構付き)・成形形状のREVOシートにかえられる。

オプション セカンドシート REVO 1500 i-seatC型 フラット

=ワゴンベースの車両で、オプションでセカンドシートを幅1500mmの回転式展開タイプ(スライド機構付き)・フラット形状のi-シートにかえられる。

まとめ

※クラシックバン、トランスポーター、トランスポータースポーツに限っては、セカンドシートに跳ね上げ式の純正シート(シート生地張り替え)を標準装備しています。

サードシート

ケイワークスのサードシート

サードシートはセカンドシートよりももっと簡単です。ケイワークスの車種の中で3列目に前向きサードシートを装備している車種はオーロラ・スタークルーズ SLとオーロラ・スタークルーズ エヴァンスのみです。(その他は横掛けシートを装備)

また、サードシートの種類も2種類のみとなります。

SL=REVO1000(i-seatB型1.2Mスライド)
エヴァンス=REVO1200(T型1.2Mスライド)

SLにサードシートとして標準装備されている
REVO1000(i-seatB型1.2Mスライド)はセカンドシートの時と同じように、幅1000mmのバタフライ展開タイプ(スライド機構付き)のi-シートです。エヴァンスにサードシートとして標準装備されているREVO1200(T型1.2Mスライド)はいわゆるT-REVOと呼ばれるi-seatで、このタイプはケイワークスではエヴァンスのサードシートのみにしか装備されません。幅1200mmのバタフライ展開タイプ(スライド機構付き)で、サイズ以外はi-シートB型とほぼ同じシートだとお考えください。

※ともにフラット型のシート形状になります。

SLのサードシート エヴァンスのサードシート

※シートについての御留意点※
シートの形状は成形型、フラット型と2種類ありますが、バタフライ展開タイプのシートをお選びいただいた場合は、フラット型をオススメしております。バタフライ展開タイプはベッド展開した際に、背面、座面がそのまま上にくる機構になっています。成形型のシートとバタフライ展開タイプを合わせると、成形面の凹凸が上にくるため、フルフラットなベッドにはなりませんのでご注意ください。
【i-seatS型C型 → 背面裏側の成形部 ST型/i-seatB型→座面・背面の成形部がベッド面になります】

line2
day night
DKカスタムのシート・ベッド設計の特徴

家具を最小限に抑えてあるため、荷物をたくさん積みたい場合も好きなだけ積載でき、まためいいっぱい就寝スペース、ラウンジスペースとして使えるため、とてもゆとりのある快適空間でお過ごしいただけます。

ベッド展開は、セカンドシートと、横掛けシートに収納してある3枚のベッドボードを展開するだけ。フルフラット時にはソファーが全てベッドになるため、幅1530mmの広々としたお座敷空間が出現し、バンコンとは思えないほどゆったりと寛げる空間を実現します。各ベッドマットは軽量なので、展開がストレスなくできて、女性にも優しい機構です。

DK-Cの
シート

DK-Gのセカンドシート

セカンドシートREVO1400i-seatS型フラット
セカンドシート
幅1400mm=REVO1400 i-seatS型 フラット

DKワゴンカスタム(DK-C)は幅1400mmのREVO1400 i-seatS型フラットをセカンドシートとして標準装備しています。ベース固定回転式展開タイプ・フラット形状のi-シートで、広い面積で体や頭をサポートしてくれるので、安定した乗り心地です。

シートは簡単に後ろ向きに展開できる上、ベッド展開も容易にできます。前向き、後ろ向き、座角ともシートアレンジは自由自在です。

i-シートの展開
セカンドシートカスタマイズ
pickup

セカンドシート
1200カスタマイズ

DKシリーズのセカンドシート1200(カスタマイズ)

DKシリーズはセカンドシートに幅1400mmのREVO1400 i-seatS型フラットを標準装備していますが、セカンドシートを幅1200mmにカスタマイズすることができます。このカスタマイズをすることで、スライドドアからのエントランススペースを広く確保できるので、乗り降りがとてもしやすくなり、また、これだけのことで、車内空間で感じる「ゆとり」がまったく違って感じられます。

幅1200mmのカスタマイズセカンドシートには横スライド機構が付くので、ベッド展開時にはシート本体を左にスライドさせ、約300mmを埋めるベッドマットをセット。フルフラット時には広いベッドスペースを確保できます。

ご自身の用途・好みにあわせて、シートカスタマイズをご検討ください。

シートカスタマイズの詳細はこちら
シートカスタマイズ

DK-Cの横掛けシート

横掛けシート
横掛けシート

DKカスタムの横掛けシートには、新開発した「ウェービングベルト式」のソファを使用しています。この手法は、イタリア製の高級家具などに使われている手法で、薄くても底板を付けず、座った時にお尻の骨があたる部分は、芯材(板)をくり抜き縦横に編んだウェービングベルトでお尻を支える仕組みです。ウェービングベルト部は、お尻の形や体重に合わせて自然に沈み込み、ごつごつ感が全くなく、快適に臀部をサポートしてくれます。

横掛け時の背もたれクッションは、ベッド専用マットとクッション部を重ねて構成し、快適性を高めました。すなわち、ベッドマットとして使う場合はクッション部を剥がして、ベッドマット単体で使えるようにし、快眠に適した硬さで身体をサポートします。背もたれに使う時は、剥がしたクッション部をベルクロでベッドマットに固定し、それを背中に立てて使います。ソフトに背中の圧力を受け止めて、快適な座り心地を実現しました。シートとベッドマットの生地は、お好みに応じて素材、バリエーションも自由に選べます。同じグレード以下の生地であれば、追加料金は発生しません。

横掛けシート
pickup

横掛けシートの設計

横掛けシートの設計

DKカスタムの横掛けシートの座の部分はソファー時には20mm前方が高くなり、座の全体が60mm前に出るため、座の面積が広がるとともに、太もも裏側の座りがよくなり、長時間座っていても疲れにくい構造です。ベッド展開時には座面はフラットに。成形クッションの肘掛けと、お尻の部分をベルトで支えるウェービングベルトの採用で、いつまでも座っていたくなるような、座り心地を実現しました。

DK-Cの
ベッド
ベッド展開
ベッド展開

左右の家具のなかに収納してあるベッドボードを取り出して、左右のシート間にセットし、センターテーブルのポールとテーブル板を外します。そしてセカンドシートを展開すればフルフラットに倒せますので、これだけでも十分に広い就寝空間ができあがります。

ベッドをフルフラットに展開すると、奥行き2160mm+セカンドシートヘッドレスト幅1530mmの広さを確保。ゆったり寝ることのできる就寝スペースです。女性でも力をかけずに簡単にできるベッド展開・シートセットが好評です。

また、DKカスタムはベッドを展開したまま(オプションのリヤベッドボード未展開)で十分なラゲッジスペースを確保できるので、荷物を載せたままでも就寝スペースを広く保つことができます。

ベッド展開
リヤベッドボード(オプション)

最後部リヤベッドボードをオプションで導入した場合、セカンドシートを倒せば、全面フラットの最大奥行き2710mmという圧倒的な広さをもつベッド空間をつくることができます。

オプションのリヤベッドボードを装着し、セカンドシートを後ろにむければ、余裕のあるリラックス空間を演出できます。後部にTVモニターをおいて鑑賞したり、くつろいで本を読んだりと、車の中だということを忘れてしまう程、快適な時間をお過ごしいただけます。

ベッドの最大奥行きの長さ
2160mm(ベッド)+550mm(リヤボード)=2710mm

また、リヤベッドボードを使用することで、セカンドシートを進行方向に立てた状態でも、後部に余裕の就寝スペースを確保できます。ベッドをしまわずに、展開したままにしておけば運転に疲れたときや小休止でも、わざわざベッド展開をせずとも、すぐに寝られるのでロングドライブの時は快適です。

リヤベッドボード(オプション)
2段ベッド(オプション)
2段ベッド(オプション)

3枚の2段ベッド用マットをオプションで追加できます。前部2枚(1700mm×330mm×60mm)と後部1枚(1700mm×500mm×60mm)で構成され、3枚のマットをつなげると、奥行き1160mm×幅1700mmという2段ベッドが完成し、大人1人またはお子様2人がゆったりと就寝できます。

※2段ベッドのサイズにつきましては、カスタマイズのご相談も承ります。

ポップアップルーフ(オプション)

ナロー(標準ボディー)、ミドルワイド、ともにポップアップルーフのオプション設定ができます。

大人2人就寝可能なロフトベッドは耐加重200Kgで、ロフトベッド部のボードをガスダンパーで上にあげれば、室内で立ったまま着替えができる空間に変わります。ポップアップ部のテント生地は、2種類から選べます。防寒性能を重視した寒冷な気候に強いタイプと、雨に強い耐候性に優れたタイプです。

ネオプレーンタイプ
(厚さ約2mmのウェットスーツ素材)

ネオプレーン仕様のテントは、春先から初冬くらいまでの防寒性能を重視した生地でオールラウンドに使えますが、雨での使用はできません。左右のメッシュ生地が縫いこんでありますので、チャックを開けて虫を寄せ付けずに風を通すことが可能です。

キャンバスタイプ
(超撥水3方向開放型3Wayタイプの帆布生地)

キャンバス仕様のテントは、雨に強く耐候性に優れたタイプです。撥水係数1000を超える超撥水仕様で、左右あわせた3面がそれぞれ、全開、全閉、メッシュウィンドウと使い分けられるテント生地です。夏から秋にかけては快適に使用できます。晩秋から冬の間はオプションの断熱シェードをお勧めします。

3面を大きな窓にできることも特徴です。生地そのものが非常に頑丈なため、これだけ大きな窓をくり抜いても強度は保たれ、フルオープンで外気を取り入れながら、快適なルーフ空間を確保できます。強い日差しを避けながら、窓をいっぱいに解き放ち、ルーフの上でゆっくりお昼寝。この上ない贅沢を味わうことができる、天井リビングの誕生です。室内に心地よく風が通り、高原のキャンプ地などでは、日常で味わえないようなゆったりした時を与えてくれます。

ポップアップルーフ(オプション)
ポップアップルーフカスタマイズの詳細はこちら
ポップアップルーフカスタマイズ
ポップアップルーフ機能の利点
  • 就寝定員を増加できる
  • 断熱効果とメッシュ
  • ウインドウの通気性で夏でもエアコン要らずの快適空間
  • 高さを確保できるので圧迫感のない居住空間(車内で立ったまま着替えもできる)
  • キャンプ地では、車中泊でもテントのような非日常が味わえ、さらに設営、撤収が格段に楽になります。
pickup

ポップアップルーフの
機能利点

滞在型キャンプ派の方へ
滞在型のキャンプ派の方へ

キャンプなどのアウトドア・フィールドでの使用を中心とするカーライフでは、ポップアップルーフほど重宝する機能はありません。オプションの2段ベッドと組み合わせれば、大人4人、子供2人の最大6人までの就寝が可能となります。

移動頻度の高いクルマ旅派の方へ

一般的なクルマ旅を想定した場合、主にパーキング、サービスエリア、道の駅などポップアップルーフを使用しにくい場所での車中泊が多くなるものです。反面RV協会で推進している、RVパークや湯Youパークなど、気兼ねなく使用できる場所もあります。実際に使いたい状況、環境を考慮して、もしも使用頻度が極端に低いようでしたら、無理にコストをかけずに、ノーマルルーフにして、必要な装備を充実させることをお勧めします。

デザイン・家具

icon
インテリアの魅力

ケイワークスのキャンピングカーは、三河家具職人の伝統技で造られた温もりのある家具を大きな特徴としていますが、そこにエッジの効いた現代的なデザインを融合させています。わけても、DKワゴンは、ラグジュアリーなシティークルーズからロングクルージングまでを可能にした車中泊専用車として、家具の表面材や色彩にも深みのある高級感あるデザインを選択し、大人がリラックスできるハイグレードな空間を目指しました。

DKカスタムは、そんなDKシリーズのラグジュアリーなインテリアの質感は残しつつ、ゆとりのある空間とシンプルな装備を実現しています。

インテリアの魅力
インテリアのバリエーション
インテリアのバリエーション

家具はブラック調(インディアナウォールナット)、ブラウン調(A:ファーゴエルム/B:インディアナウォールナット)、ホワイト調(アメリカンチェリー)のウッド柄から選択が可能です。

ワゴンモデルは、耐久性よりも質感を重視し、国内最高級資材のポリ系シート材を使用することでLED照明とともに、シックで居心地のいい落ち着いたインテリアを実現しました。

ブラウン調ホワイトウッド調
採用している輸入LED
調光機能付き9ドットLED照明

DKワゴンナチュラルとDKワゴンカスタムに装備されているLEDは、輸入LEDの中でもケイワークスが選りすぐった、特に品質の高い9ドット輸入LEDを採用しています。ぬくもりのあるインテリアを演出する暖色系と明るさを引き立てる白色系の2種類のなかからお選び頂けます。

調光ユニット

3連LED照明は調光機能付きなので、ご利用環境に合わせた光量でお使いいただけます。

※調光ユニットの場所は車種によって異なります。

調光ユニット
脱着式ギャレー(オプション)
脱着式ギャレー(オプション)

ラゲッジスペース面積を広く確保するために、ギャレー自体を目一杯薄くしたナロータイプギャレーをギャレーです。洗顔ができるサイズのシンクと、外部シャワー機能が一体になった画期的なギャレーです。このギャレーをセットすることで、釣り、サーフィン他アウトドアにも対応し、用途が広がります。

必要な時に装着できる脱着式ギャレーになります。

収納

icon
ラゲッジスペース

DKカスタムの標準モデルは極薄家具+必要最小限のシンプルな装備に徹しているため、就寝スペースはもちろん、後部ラゲッジスペースも広くとることができます。また、ベッドを展開したままでも十分な荷室スペースを確保できる(オプションのリヤベッドボード未展開)のが特徴です。

ラゲッジスペース
左側家具の小物収納スペース
左側家具の小物収納スペース

背もたれを外した裏側にある隠れ収納はマガジンラックになります。貴重品などここへ入れておけば安心です。アイデア次第で便利な収納スペースになります。

また、右側家具のシート下などにも収納を用意しています。

ルーフ収納(オプション)

ワゴンGL ベース・ノーマルルーフの場合のみオプション設定が可能です。

ルーフ収納
リヤ中段棚(オプション)
リヤ中段棚(オプション)

落下防止の土手付きの棚で、左右両側の家具の上部にネジで脱着します。。この上にTVモニターを置いたり、就寝の際に荷物を載せておいたりと、多用途に使える棚で、車中泊を充実させたい方には何かと便利な棚です。

手で回せるネジの固定式なので脱着も簡単です。

左側後部スペースカスタマイズ(オプション)

DKワゴングレイスのように、左側後部にトイレ収納(フリー収納部)を設置することも可能です。また冷蔵庫の設置場所としてもご使用いただけます。

※ポータブルトイレ・ポータブル冷蔵庫は別売です。

左側後部スペースカスタマイズ(オプション)
高性能なドメティック製ポータブル冷蔵庫(別売)

右の写真はドメティック製33ℓポータブル冷蔵庫を左側後方に設置したようすです。

限られたスペースに架装する、バンコンクラスのキャンピングカーならポータブル冷蔵庫をお勧めします。お勧めは2ℓのペットボトルや食材が優々入る30ℓくらいの容量のもの。とくにキャンプ地などでは、外で使えた方が断然便利です。洗うときにも、車外で洗えるのが便利です。価格は、ビルトインの半値以下です。当社推奨のドメティックのポータブルは、カセットガスでも稼働するので、アウトドアでも電源要らずです。1本のカセットガスで、24時間稼働します。

持っていると何かと重宝するポータブル冷蔵庫です。

pickup
ドメティック製ポータブル冷蔵庫(別売)
ドメティック製ポータブル冷蔵庫(別売)

ステンレス床下収納

icon
アウトドアには嬉しいステンレス床下収納

DKシリーズはドレン付きステンレス床下収納をオプションで追加できます。キャンプでのBBQ コンロや炭などの汚れ物、ウェットスーツや釣り用のウェーダーなどの濡れ物の収納に大活躍します。お子様やペットの洗い場としても便利です。

開口部寸法 横幅440mm×奥行き630mm
床下収納の寸法(内寸)
横幅700mm×奥行き630mm×深さ325mm

【一部陸運検査事務所の基準変更の留意点】
スペアタイヤが床下収納に収納不可となりましたので、Kworksでは、スペアタイヤ対策として「パンク修理剤」をエヴァンスに標準装備させていただきます。スペアタイヤはお持ち帰りいただくことも、Kworksで廃棄処分することも可能です。

ステンレス床下収納

DKシリーズの床下収納(オプション)は底部に、排水ドレンが付いた収納なので、汚れ物、濡れものを収納するのにとても便利です。また、DKカスタムは脱着ギャレーをオプションで追加することができます。このギャレーはシャワー部を伸ばすことができるので、このギャレーと床下収納(オプション)を組み合わすことで、海や川で使ったウエットスーツを水で洗い流したり、散歩から連れ帰った愛犬のシャワースペースとしてお使いいただけます。

汚れたもの・濡れたもの・災害時の備蓄までオールマイティーな床下収納です
pickup
床下収納(オプション)の利便性
床下収納の利便性

また、近年では、「キャンピングカーは災害時の避難場所として使える」とお考えの方が急増しています。こうした需要にいち早くお応えしてきたKworksでは、この床下収納を、「ペットボトルの水や備蓄食糧、救急用品、発電機などを常備するスペース」としてご利用いただくこともお勧めしています。さらに、緊急時の簡易シャワースペースとしても使用可能です。

→Kworks Story 「キャンピングカーは災害時緊急避難場所になる」

DKワゴンカスタムの標準装備とオプション

icon
DK-Cの標準装備一覧

●純国産ハンドメイド家具 ●ベッドマット4枚+ピロークッション ●セカンドシートREVO1400(S型フラット) ●脱着式センターテーブル ●シートベルト 3点式(5人)2点式(5人) ●12Vシガーソケット ●メインサブバッテリーデジタル電圧計(クロック付) ●走行充電システム ●調光式オリジナル19ドットLED室内照明(左右3連照明板) ●115Ahサブバッテリー ●4連式スイッチパネル ●ACコンセント2ヶ所 純正100V1ヶ所 ●350Wインバーター(セルスター矩形波)

ケイワークスが本格的な車中泊旅行者向けツーリストワゴンとしてデザイン・設計したのがDKシリーズです。その中でもカスタムは薄型家具を配置し、余分なものを削ぎ落とすことで、驚異的な広々空間を実現しました。また、車中泊にスポットを絞った装備は、それだけでも十分に機能を発揮しますが、お客様がそれぞれにオプション選択することで、用途に合わせたお客様だけのカスタマイズカーとしてもご好評いただいています。

DK-Gの注目オプション
ポップアップルーフ 床下収納(オプション)
リヤルーフ収納リヤ中段棚(オプション) リヤベッドボード(オプション)
脱着ギャレー(オプション) 2段ベッド(オプション)ベッドマットのサイズカスタマイズ

セカンドシート1200カスタマイズ

DKシリーズの中でも特にカスタマイズの自由度が高いDKカスタムのオプションは大変充実しています。上記人気オプションの詳細は、下記カスタマイズメニューよりご覧ください。なお床下収納、リヤベッドボード、脱着ギャレー、2段ベッドオプション、2段ベッドマットのサイズカスタマイズ、リヤルーフ収納やリヤ中段棚についての詳細は、ページ内の各項目をご覧いただくか、ご不明点はお電話・メールフォームなどでお問い合わせください。また、DKカスタムのその他のオプションや価格については、下記の「DKワゴンカスタム 装備&オプション」または「DKワゴンカスタム 価格表」のリンクバナーよりご覧いただけます。

customize menu

インテリアカスタマイズ
シートカスタマイズ
ソーラーパネルカスタマイズ
ペットユーザーカスタマイズ
ポップアップルーフカスタマイズ
足回り装備カスタマイズ
オーロラ・スタークルーズ DKワゴンカスタム
ベース車両ハイエースワゴンGL
特色・用途キャンパー装備よりも車中泊でゆったり広々とした空間が欲しい方
乗車定員10人(前向き乗車5人・横掛け乗車5人)
就寝定員2~6人※2段ベッド・ポップアップルーフ使用時6人
寸 法 (mm)全長4840×全幅1880×全高2105(ワイドミドル)
登録ナンバー3ナンバー
エンジン・駆動2700ガソリン(2WD、4WD)
A  T6速AT(ガソリン)4速AT(ディーゼル)
オーロラ・スタークルーズ エヴァンス装備オプション オーロラ・スタークルーズ エヴァンス価格表 カタログ請求・お問い合わせ
ケイワークスのローンプランはこちらから!!
ページトップへ