ホーム > カスタマイズ・シート

カスタマイズ「シート」

家具とともにキャンピングカーの質を決めるシート生地

「高品質な高級素材のみを選び抜くこだわり」「使う人の身になってご提案できる豊富な知識」

それらはすべて、Kworksが造り上げるキャンピングカーの製造理念とシンクロしています。レザー調素材の効果とデザイン性、ファブリック(布地素材)のもつぬくもり感と多彩さを徹底的に調べ抜き、これらの生地素材の選び方のセンスそのものがKworksのデザインセンスの高さに直結しているのです。シート生地ひとつをとっても、高級家具素材とのマッチングをさまざまな角度から深く検討し、高品質なラグジュアリーカーの質感を生み出しているのです。

Kworksのものづくりのなかで誰もが感動していただけるところは、次のようなプロセスではないでしょうか。最高級素材を一括で仕入れて価格を抑えながらも、三河家具職人の伝統技を駆使して寸分違わぬ精密さで手づくり加工し、ぬくもりのある家具をインテリアにセットしますが、その家具を最大限に活かす最高級素材のシート生地や床材を徹底的に選び抜き、車一台を工芸品として扱う技術力とセンスを備えているということです。

こうしたものづくりの現場から、お客様のあらゆるご要望に的確にお応えできますので、最良のシート生地を安心して選んでいただくことができるのです。

シート素材とクッション性能について

キャンピングカー最大の魅力は、ゆったりとくつろいで休める、快適に眠ることができるということです。それを支えるのが、就寝スペースの面積、そして、シートあるいはベッドマットの質やクッション性能です。

性能の悪いベッドマットに寝つづけると、体を痛めます。ベッドマットに使用されているウレタンフォームクッションが粗悪ですと、不快どころか 体を痛めてしまうので要注意です。ペラペラのベッドマットで製作されている車両では、お客様ご自身が新たにベッドマットを用意しなければ、とうてい満足に眠ることができません。実際に上から手で体重をかけて押してみて、しっかりと体をサポートしてくれるか入念にチェックする必要があります。このチェックは、購入前の非常に重要なポイントです。また、ベッドマット表面にたるみが出てしまうものは、クッションとカバーの縫製が悪いのが原因。いずれシートの劣化が激しくなるので要チェックです。

シートやベッドマットの生地は難燃仕様であることが、キャンピングカーに義務付けられた条件です。Kworksでは、平均的なクッションの2倍近い厚みをもたせ、素材にも蒸れにくく通気性の高いものを用意、お客様の安眠を助けます。薄くて硬いクッションで眠った場合には翌朝に疲れが残ってしまうからです。

写真:オーロラ・スタークルーズエヴァンスのシート

シート生地について

シート生地について 水や汚れに強いフェイクレザー系生地

シート生地には、汚れが付いても水拭きしやすいフェイクレザーから肌触りのよいファブリック(布地繊維素材)まで、お客様のご要望に合わせて、何種類もご用意しています。カラーリングも豊富にとりそろえていますので、ご利用形態にかなったお好み通りの室内空間を実現できます。シートは、車種によって装着するものが異なりますし、シートの構造が、固定式・スライド式・二つ折り式などの違いによっても異なります。これらは、ご購入前に詳しくご説明いたします。

肌触りの良いファブリック系生地

Kworksのシート生地は、すべて最高級素材のなかからとくにすぐれたデザインのものを選び抜いて縫製しています。1平方メートルで5,000円以上の高級素材となりますが、弊社の定番モデル化するなかで単価を抑えてご提供できるシステムを構築しておりますので、世界最高品質のシート生地をリーズナブルにご提供できる強みをもっています。

お客様からは、「子どもが食べものや飲みものをシートにこぼすから、掃除が容易なシート生地がほしいが、室内の高級感を損なう安物は困る」というリクエストも多く、今までも数多くのファミリーの方がたへあらゆる高級生地素材をご提案して、使い方にかなう丈夫で美しいシート生地に深いご満足をいただいてきました。

その一方で、「レザー調ではなくて、しっとりと落ち着いた大人のラウンジを演出できるセンスのいい布地素材はないか」というご要望にも十全にお応えし、数々のラグジュアリーなシート生地をご提案し、他社にはないオリジナリティの高いインテリアに感動していただいたお客様も大勢いらっしゃいます。

DKワゴンナチュラル明るい白のフェイクレザーでまとめた車内
DKワゴンカスタム DKワゴングレイス

シートのカスタマイズ例

クラシックバンのシートカスタマイズ

落ち着いた色調のフェイクレザー・シートをお客様からリクエストいただき、完成したクラシックバン。素敵なヨーロピアン調のインテリアとなり、シックで大人の雰囲気に包まれます。

クラシックバンのシートカスタマイズ
クラシックバンのシートカスタマイズ
DKワゴン グレイスのシートカスタマイズ

ホワイトにピンクのアクセント・ラインを施したセカンドシート。キュートに仕上がりました。ステッチの配色も美しく決まりました。ピンク系が大好きな奥様もご満悦ですね。このように、お客様のご要望に応じて、お好きな配色でセカンドシートを製作できます。しかも、よほど特殊な加工か、材料をアップグレードしない限り、追加料金はいただきません。室内には、華やかでメルヘンチックなイメージが広がりました。

カスタマイズしたセカンドシート
DKワゴングレイスのシートカスタマイズ
DKワゴン グレイスのシートカスタマイズ

このお客様は、シートを赤で統一したいというご希望でした。始めは「レッド!」とびっくりしましたが、デザインしてみると、これが家具の色とマッチして、まことにシャープに仕上がりました。 運転席、助手席ともに朱色が際立って、類まれなオリジナリティを発揮しています。セカンドシートもこのとおり。テンションを張ったシート縫製もきれいに仕上がっています。

シートを赤で統一
DKワゴングレイスのシートカスタマイズ
DKワゴン ナチュラルのシートカスタマイズ

上の写真は、オーソドックスなモケット調のシートではなく、オフホワイトのレザー調をご希望のオーナー様仕様です。ダークブラウン系の家具との相性が抜群で、エレガントなシティーホテルのインテリアを思わせる仕上がりになりました。

下の写真は、マット系ブラック(つや消し黒)のレザー調をご希望のオーナー様のリクエストにお応えしたモデルです。粋な大人の落ち着いた談話室のような佇まいとなり、車両全体がジェントルなムードに包まれました。

DKワゴンナチュラルのシートカスタマイズ

シート生地への加工

ペット同伴のユーザー様や、小さなお子様といっしょに過ごされるユーザー様のために、撥水・防汚加工もカスタマイズできます。
価格は20,000円(消費税別)となります。
※生地によっては加工ができない場合もございますので、詳しくは事前にスタッフにご相談願います。

お客様の嗜好や生地種類、使い方や家具の質感など、シートカスタマイズは多種多様です。Kworksはお客様おひとりおひとりのさまざまなシチュエーションに合わせたカスタマイズを承っております。「こんな感じにしたいんだけど…」と思いついたことはなんでも、Kworksのスペシャリストにご相談ください。

資料請求・お問い合わせはこちらから
カタログ請求・お問い合わせ
ページトップへ